ニキビができた肌でも安心して使える日焼け止めをご紹介しています。ニキビを悪化させることなく使えるものだけでなく、ニキビができるのを防いでくれるものも厳選しました。ニキビができてしまったけれど日焼け止めはしっかりと塗りたい方、もしくは日焼け止めを塗ったらニキビができやすくなったという方は、ぜひチェックしてみてください。

ニキビ肌に負担をかけない日焼け止めの選び方

ニキビを悪化させない、ニキビを作らせない日焼け止めの条件とは?
無添加で肌に優しいもの
★ニキビができた肌は炎症を起こしやすく、ダメージを受けやすい状態。できる限り肌への負担を軽減するために、無添加処方のものもしくはオーガニック処方のものを選びましょう。
皮脂バランスを整えてくれるもの
★ニキビは皮脂バランスが崩れて毛穴に詰まることが原因でできるので、皮脂バランスを整えてくれるものを選ぶのがポイント。保湿成分がたっぷりと配合されていて、皮脂量をコントロールしてくれるものを選びましょう。
ナノ化原料を使用していないもの
★ナノ化原料は毛穴の奥まで侵入するので、毛穴のつまりを引き起こしやすく、ニキビの原因となります。特に日焼け止めは白浮きを防ぐために、酸化亜鉛などの紫外線散乱剤をナノ化していることが多いので、ナノ化原料を使用していないか確認しましょう。

ニキビでも使える日焼け止めランキングTOP3

ウェアルーUV
ニキビでもストレスなく使える日焼け止め
完全無添加のオーガニック日焼け止めなので、ニキビに負担をかけることなく紫外線対策することができます。85%が美容液成分で作られているので保湿効果も高く、皮脂バランスをしっかりと整えることができます。ナノ化原料不使用なところも高評価。
無添加:◎ 皮脂バランス:◎ ナノ化原料:不使用
ウェアルーUV
24h UVベースローション
天然成分で作られた日焼け止め
天然ミネラルと植物保湿成分だけで作られた無添加の日焼け止め。ニキビができた肌でも負担を感じることなく使用することができます。ナノ化原料を使用していないので、ニキビができにくいところもポイントです。
無添加:○ 皮脂バランス:◎ ナノ化原料:不使用
公式サイトへ
化粧下地テカリ知らず
皮脂バランスを整えてくれる日焼け止め
植物性テカリ防止パウダーが余分な皮脂を吸収してくれるので、皮脂が毛穴に詰まる心配はありません。しかも、植物エキスと温泉水をたっぷりと配合しているので、保湿効果も高く、しっかりと比しバランスを整えることができます。
無添加:△ 皮脂バランス:◎ ナノ化原料:使用
化粧くずれを防いでメイクしたての肌が続く♪草花木果の化粧下地

ニキビ肌でも安心して使えるおすすめの日焼け止めはこれ!

ニキビ肌にはHANAオーガニック「ウェアルーUV」がおすすめ
ニキビに負担をかけないオーガニック処方
⇒ 天然100%オーガニック処方なので、ニキビにほとんど負担をかけることなくUVカットすることができます。水の代わりにニキビケアに効果的なローズ水を使用しているところもポイント。
美容液成分で皮脂バランスを整えてくれる
⇒ 85%以上が美容液成分で作られているので、感想によって過剰に皮脂が分泌されるのを防いで皮脂バランスを整えることができます。ニキビを防ぐのに役立ちます。
ナノ化原料は不使用
⇒ 毛穴に詰まりやすいナノ化原料は一切使用していないので、ニキビの原因となる毛穴のつまりを防ぐことができます。もちろん、ノンナノでも白浮きはしないので安心して使えます。

完全無添加オーガニック処方でナノ化原料不使用の日焼け止めは
「ウェアルーUV」だけ!